奈良,行政書士

 ようこそ、奈良県 奈良市 の 行政書士 南都中央綜合事務所 へ!

 当サイトにご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

staff.PNG

 地元 奈良市 を拠点に、関西エリア( 奈良県・京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・和歌山県・三重県 )におきまして、相続手続遺言書作成など個人様のご相談から、会社設立各種許認可申請など事業者様の経営支援まで、地域の皆様のくらしとお仕事のサポートをさせていただいております。 

 お困り事・お悩み事がございましたら、まずは、フリーダイヤルでお問い合わせ下さい。きっと、お力になれると思います。

 また、当事務所は、アクセスに便利な近鉄奈良駅前(6番出口から徒歩1分)に立地し、随時、無料相談を実施しております。地域の皆様のご利用をお待ちしております。

 平日夕方以降・土日祝日の相談・出張相談にも柔軟に対応させて頂いておりますのでフリーダイヤルでお気軽にお問い合わせ下さい

sugiyama.gif

南都中央綜合事務所 の サービス ご紹介


各種許認可サービスのご紹介

 

対応エリア

  ol02.png

 地元 奈良市 を拠点に、関西エリア( 奈良県・京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・和歌山県・三重県 )のお客様の各種ご相談・サポートをさせていただいております。

 可能な限り、どのエリアのお客様であっても笑顔、親切、スピーディにお手伝いさせていただきます。

 また、会社設立など、地域性を問わない業務に関しては、全国対応させていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

 皆様のお問合せをお待ちしております。


 

行政書士の業務について

行政書士の業務は、行政書士法という法律によって定められています。

行政書士法によると、行政書士の業務は、「官公署に提出する書類」を作成すること、その書類の作成について相談に応ずること、そして、作成した書類を官公署に提出する手続きについて代理することとされています。

そのほかにも、行政書士は、権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」の作成をすること、その書類の作成について相談に応ずることが業務とされています。
「権利義務に関する書類」や「事実証明に関する書類」というと、やや分かりにくいと思いますので、具体的な例を挙げますと、
「権利義務に関する書類」には、遺産分割協議書契約書念書示談書協議書内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款などがあり、「事実証明に関する書類」には、実地調査に基づく各種図面会計帳簿家系図相続関係図財産目録遺言書原案事故発生状況報告書などがあります。

このように、行政書士は様々な書類を作成し、その書類の作成について相談に応ずることを業務としていますが、他の法律において制限されている業務については行うことができないことになっています。例えば、税理士法との関係では、税務書類の作成・税務相談・税務代理などを行うこと、司法書士法との関係では、登記・供託に関する書類作成・手続きの代理などを行うこと、弁護士法との関係では、紛争事案への介入などがこれにあたります。
必要に応じて他士業と連携を取りつつ、職域の範囲の中で、お客様の手続を誠意お手伝いさせていただくことをお約束いたします。


●参考(以下、行政書士法より引用)

第一条(行政書士法の目的)
この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。

第一条の二(行政書士の独占業務)
行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。
2  行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。

第一条の三(行政書士の非独占業務)
行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。
一  前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法 (平成五年法律第八十八号)第二条第三号 に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法 (昭和二十四年法律第二百五号)第七十二条 に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。
二  前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。
三  前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。

第一条の四  前二条の規定は、行政書士が他の行政書士又は行政書士法人(第十三条の三に規定する行政書士法人をいう。第八条第一項において同じ。)の使用人として前二条に規定する業務に従事することを妨げない。

第一条(行政書士法の目的)

この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。

第一条の二(行政書士の独占業務)

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。 
2  行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。
第一条の三(行政書士の非独占業務)
行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。 
一  前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法 (平成五年法律第八十八号)第二条第三号 に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法 (昭和二十四年法律第二百五号)第七十二条 に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。 
二  前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。 
三  前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。
第一条の四 
前二条の規定は、行政書士が他の行政書士又は行政書士法人(第十三条の三に規定する行政書士法人をいう。第八条第一項において同じ。)の使用人として前二条に規定する業務に従事することを妨げない。

無料相談・お問合せはこちらから  

uk04.png

muryousoudan.png

free-dial.PNG
to top page.png

 事務所へのアクセス事務所案内

 


2015年10月10日
相続税が課税されるかどうかの目安
2015年10月10日
相続税 と 贈与税
2015年10月 9日
贈与税について
2015年10月 9日
相続税について
2015年10月 8日
相続の落とし穴